希望の条件の最安値がすぐ分かる!

引っ越し一括見積もりサイトを使えば時間とお金が節約できます

引っ越し先が決まったら、次にすることは引っ越し業者を決めることです。引っ越し日が決まらないことには、荷造りや役所などへの届け出が進められないからです。 引っ越し業者を選ぶ時には、必ず複数の業者で見積もりをとることをお勧めします。同じ条件でも引っ越し業者によって金額はかなり違うもので、その差が一割以上になることもめずらしくありません。引っ越しに無駄なお金を掛けたくなければ、面倒でも複数の業者で見積もりを取ることが必要なのです。

業者に電話をして見積もりを依頼する時には、業者同士が一緒にならないように日にちや時間をあけて約束するのがマナーです。複数の業者で見積もりをとろうとすると一日で終わらないことも多く、時間や手間もかかるので、単身者や仕事が忙しい人の場合は難しいかもしれません。その場合は引っ越しの一括見積もりサイトを利用するのが便利です。

忙しい人にとって引っ越し一括見積もりサイトが便利な理由は3つあります。

  1. 多くの引っ越し業者が登録されているので、自分で探す手間がはぶける
  2. 見積もりをとるにも、まずは業者を選ぶところから始めなくてはなりません。引っ越し一括見積もりサイトなら初めから業者が登録されているので、自分で探す必要がありません。また業者の人気ランキングや口コミをのせているサイトもあり、業者選びがしやすいです。

  3. 一括で見積もりできるので、引っ越し先住所や荷物の量などを業者ごとに説明しなくて済む
  4. 見積もりを出してもらうには、住所だけでなく部屋の階数やエレベーターの有無、エアコンの工事は必要かなど案外聞かれる項目が多くて面倒なものです。引っ越し一括見積もりサイトなら、必要事項を一度書き込むだけで、すべての業者の見積もりができるので便利です。

  5. 自分の都合の良い時間に見積もりができるので、忙しい人でも利用しやすい
  6. 見積もりに来てもらうには、自分と業者の都合を合わせなくてはなりません。土日などは込み合っていて、自分の希望の時間に来てもらうことが難しい場合もあります。引っ越し一括見積もりサイトなら、自分の都合の良い時間に見積もりがとれるので、忙しくても心配ありません。またすべての見積もり結果がすぐに分かるので、時間が短縮できます。

引っ越しは予想以上に時間もお金もかかるものです。引っ越し一括見積もりサイトを使って、上手に時間とお金を節約しましょう。

引越しの繁盛期と閑散期について

引越しというのは各々の都合によって年中行われている印象がありますが、実は繁盛期と閑散期というものが存在しています。 多少業者によっても異なってくる部分もありますが、大抵の引越し業者は3月、4月が繁盛期だと言われています。これは新年度になり、進学や就職といった理由で多くの方の生活に変化が訪れるためです。特に3月の下旬や土日祝日などの休日は非常に混み合います。それ以外の月も月末や休日は混み合うとされています。

一方の閑散期というのは1月、6月、11月あたりだと言われています。引越し業者によっては12月も閑散期だというところもありますが、年内に引越しを済ませたいと思う方もいるということもあり、繁盛期となっている業者も存在しています。そのような需要のことを考えてみると、年明けの1月に引越す方が少ないというのは想像に難くないでしょう。6月も新年度を迎えてからの新生活が落ち着いてくる頃ですし、11月は特に目立った動きは無いということがわかります。

繁盛期には予約が殺到するため取りづらいというだけでなく、料金が倍近くまで跳ね上がる事もあります。これは作業員の人件費が大きく関係しています。引越しというのは大きな家具を運んだりする都合上どうしても人数が必要となってきます。そのため繁盛期に合わせて人材を育成しておくことが大切になってくるのですが、そうすると閑散期には人員が余ってしまうという問題が出てきます。いくら人員が余っているからといって正社員の場合には削減することも難しいため、閑散期は多少利益率が低くても仕事を請け負うようになるということから閑散期の方が安い業者が多くなっています。

また、繁盛期にはそれでも人手不足になることも多いため、アルバイトを雇うことになります。そうするとどうしても技術面などで劣る部分が出てきてしまうため、サービスの質が低下するということも考えられるでしょう。 進学や就職などの場合には難しいかもしれませんが、可能ならば引越しは閑散期の平日に行うのが良いでしょう。

PAGETOP
Copyright © 引越し見積もり比較のうんぱんマン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.